本文へスキップ

循環型社会形成推進協議会
Construction Eco Spirit Association

プログラム案内PROGRAM





CESAプログラム2011

2001年のCESAプログラム誕生から10年、社会の新たなるニーズを受けて、 2009年9月の国連気候変動首脳会合で日本が公約した温室効果ガスの1990年比、2020年までに25%の削減や、 2010年10月名古屋での第10回生物多様性条約締約国会議の結果を踏まえた、CESAプログラム2011を策定しました。


CESAプログラム2011の基本

持続可能な社会の枠組み
持続可能な社会に向けて、各社会の実現を目指す取組を統合的に展開し、自然との共生を図りながら、人間社会における炭素も含めた物質循環を自然、そして地球の大きな循環に沿う形で健全なものとし、持続的に成長・発展する社会の実現を図る。

CESAプログラム2011への期待

環境経営
環境保全
環境配慮
  • 環境リスクの低減
  • EMSの導入・継続的改善
  • 環境社会貢献の促進
  • 環境情報公開の促進・環境コミュニケーションの推進
  • 地球温度化対策
  • 廃棄物の削除及び対策
  • 有害化学物質の削減及び対策
  • 生物多様性の保全及び持続可能な利用
  • 環境配慮技術の設計・開発・提案・導入の推進
  • グリーン調達の促進
  • 環境配慮商品の販売等の促進

建設業者への厳しい社会の目

・目先の安全しか考えない建設業者への社会評価は厳しさを増している。
・社会から自立した事業者として評価されるためには、安全の本質を理解し、安心社会の構築に役立つ安全と環境の取組が必須となる。
・社会から自立した事業者と評価されるためには、安全・品質・環境を確実にしていることである。

環境にやさしい 安全な施工と高品質の提供


建設工事の安全とは?

・工事中の施工業者の安全だけに偏りがちな建設業者は、安全の本質を見落としがちである。
・我が身の安全だけしか考えない建設業者は、結局、作業員、従業員の安全も疎かにしている場合が多い。
・安全の本質とは、工事が求めているものではなく、人と家族、そして社会が求めているものである。

     

安全から安心へ

・何のための安全か!
・安全は、安心を確実にするための手段に過ぎない
・安全作業の目的は、安心の職場環境づくり
・安心な職場環境づくりこそ、目指すべき安心の社会環境といえる
・安全のための取組と、環境取組は表裏一体である